デキる男のためのメンズコスメ比較ランキング

ワンランク上の男を目指すあなたに使って欲しいメンズコスメを集めました

第一位

アンドジーノ

『OCEANS』や『Safari』といった、こだわり派の男性が愛読する雑誌で紹介され人気に火がついた、いま話題のメンズコスメブランド。
 

【1回のケアに必要なセット内容】
●プレミアムフェイスエッセンスアクアモイス(オールインワン美容液):5,184円
 

詳細はこちら

第二位

アラミスラボ

アラミスラボ1987年の誕生から男性の肌の研究に特化した、メンズスキンケアブランド。それぞれの肌質に合ったコスメを選ぶことができる。
 

【1回のケアに必要なセット内容】
●エイジ レスキュー(化粧水):7,035円

 

詳細はこちら

第三位

シセイドウ メン

シセイドウ メン日本が世界に誇るトップ化粧品メーカー資生堂が長年積み重ねた、 男性特有の皮膚生理の研究から生まれたスキンケアブランド。
 

【1回のケアに必要なセット内容】
●アクティブ コンセントレイティッド セラム(美容液):6,825円
●トータルリバイタライザー(クリーム):7,350円

詳細はこちら

HOME » イイオトコ度を2ランクUPさせる男のスキンケアの常識 » ダメ肌の原因はNGスキンケア

ダメ肌の原因はNGスキンケア

スキンケアをはじめて行う男性が陥りがちなのが、間違ったスキンケアを行うことで、反対に肌を傷つけてしまうということ。
せっかくこだわりのメンズコスメを使用しても、そんなスキンケアを続けていれば、ダメ肌を作ってしまいかねません。

男性にありがちなNGスキンケア法

ここではありがちなNGスキンケアを具体的に紹介していきます。
なぜNGなのかも理解して、正しいスキンケアをするようにしてくださいね。

NG1:力任せにゴシゴシ洗って脂を落とそうとする

テカリや油分が気になる時、汚れを洗い落としてスッキリしたいという気持ちはとても分かります。
だからといって力任せにゴシゴシと洗ってしまうと必要な油分まで洗い流してしまうのでNG。
洗顔はしっかりと石鹸を泡立て、優しく洗うようにしましょう。

NG2:夏は乾燥していないから保湿をしなくてもOK

夏場は普段乾燥肌の方でも潤いを感じられる季節だと思います。「脂っぽいから保湿はしなくても大丈夫」と思ってしまいがち。
ですが実際は、汗に含まれる塩分で肌内部の水分が蒸発したり、紫外線やエアコンなどの影響から、肌の内側が乾いています。
これは、インナードライと呼ばれる状態です。肌の内側をしっかり保湿しないと、余分な皮脂が分泌されてニキビなどの肌トラブルが生じる恐れもあります。
夏場でもしっかり保湿してあげましょう。

NG3:爽快感重視でクールな使用感が強いものを使っている

メンズコスメのなかには、メントールなどのスーッとする成分を効かせたものが多いですよね。
特に夏場は、爽快感を得るために多用する男性も多いように感じます。
でも、刺激系のコスメは肌トラブルを引き起こす刺激成分が入っているため、肌にとってはあまり良い影響がありません。
さっぱりとした使い心地のスキンケアを上手く使いながら乗り切りましょう。

NG4:化粧水を大量になじませる

化粧水はただやみくもに使うのはNG。
商品に合った基本使用量を守り、肌を優しくいたわりながら、水分を肌の内部へと送り込むイメージでじっくりなじませましょう。
強くこすりすぎたり、パチパチと大きな音をたてながらパッティングするのは肌を傷つけてしまうのでやめましょう。

NG5:化粧水の後に何もつけない

化粧水をつけてさっぱりと仕上げて終わり…ではないのがスキンケア。
肌へ水分を与えたとしても、そのまま放っておくとすぐに蒸発して、また乾燥状態に戻ってしまいます。
そこで登場するのが、乳液・クリーム・オイルなど、油分を含む化粧品たち。これらは一度水分が浸透した肌に蓋をする、重要な役目を持ちます。
極端なオイリー肌(脂っぽい肌)の方以外は、できる限り使用するようにしてください。
とはいえ、ペタペタとした感覚に違和感を覚える男性も多いはず。そんな場合は、化粧水と乳液などの機能が1つにまとまった、
いわゆるオールインワンタイプの化粧品を選んでみるのも手です。
乳液やクリームを重ねるよりは、さっぱりとした軽い仕上がりになりますよ。


いかがですか?なかには全部当てはまっている…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?
洗顔も保湿も優しく丁寧に、肌をいたわってあげる気持ちを持ちながら行ってくださいね。

そして、気温や気候に関わらず、きちんと毎日お手入れをしてあげることが大切ですよ。

 

メンズコスメの極上ブランドNavi

イイオトコ度を2ランクUPさせる男のスキンケアの常識